グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  明生会について

明生会について


理念

患者さまに優しく、質の高く安心・安全な「医療」「看護」「介護」「リハビリテーション」を提供する。

基本方針

1.チームワークを重視し、全業種の職員が都心部ならではの快適な環境の中で行き届いた医療、看護、介護、リハビリテーションを提供する。

2.開設以来50年以上にわたって培われた経験を生かして、安全で快適な療養環境を整え、断らない、治し、支える医療・看護・介護・リハビリテーションを実施し地域包括ケアシステムに貢献する。

3.健全経営の維持に努め、職員ひとりひとりが自分の家族、知人、友人に胸を張って紹介できる病院であることの誇りと自信を持てるように日々精進する。

ご挨拶

昭和39年の開院以来セントラル病院は高齢者医療に注力してきましたが、少子超高齢化人口減少社会を迎えて地域包括ケアシステムに貢献する病院への転換に努めています。在宅総合センターによる訪問診療を開始し、慢性疾患の急性増悪時には在宅患者さまを緊急にて受け入れを行うこと等で地域包括ケアシステムへの貢献を目指しております。
令和5年7月からは障害者病棟を整備することで、医療密度が高い方も急性期病院から直接受けやすくなり、地域の急性期病院のベッドを有効活用する地域医療構想への貢献にも取り組んでいます。医療・看護・介護・リハビリテーション・福祉を連携し、癒して療養生活を継続していただくことに努めています。
分院は東京都からの要請による高齢者等医療支援施設(渋谷)として約2000名のコロナ患者さまの受け入れと治療に取り組んできましたが、今後は介護医療院等を含めた施設運用を検討しています。
時代の要請に応じてセントラル病院も変化してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

統括院長 山下晋矢

病院概要

開設日 昭和39年10月10日
開設者 医療法人社団明生会 理事長 安藤高夫
管理者 統括院長 山下晋矢
総院長  氏家隆
院長   古屋博 
所在地 セントラル病院 :〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-18-1
セントラル病院松濤:〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-11-12
セントラル介護医療院:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町25-1
電話番号/FAX番号 セントラル病院 :03-3467-5131 / FAX03-3466-6118
セントラル病院松濤:03-3485-5131 / FAX03-3485-5137
セントラル介護医療院:03-3465-5131 / FAX03-3466-6398
入院のご相談 03-3467-5138(地域連携室)
受付時間 月曜日~土曜日:9時00分~17時00分
交通案内 京王井の頭線神泉駅下車徒歩5分
駐車場あり
アクセスはこちら
診療科目 内科
訪問診療(内科・皮膚科・形成外科)
病床数 2院合計:202床
【内訳】
セントラル病院: 92床(障害者病床36床・医療療養病床56床)
セントラル病院松濤:110床(医療療養病床)
セントラル介護医療院 開設:(108床)
取り扱い医療保険 国民健康保険
組合管掌健康保険(組合健保)
全国健康保険協会(旧政府管掌健康保険)等

セントラル病院の沿革

昭和39年10月10日 セントラル病院開設
昭和47年4月 医療法人社団明生会と法人化
昭和50年12月 セントラル病院分院開設
昭和57年3月 セントラル病院改修
平成6年12月 セントラル病院分院改修
平成10年12月 セントラル病院を現在地に移転し、新病院へ
平成11年9月 旧セントラル病院跡地にセントラルホーム松濤開設(有料老人ホーム)
平成15年6月 セントラル病院分院を介護療養型医療施設に転換
平成15年7月 セントラル病院を介護療養型医療施設に転換
平成24年4月 セントラルホーム松濤を閉鎖
セントラル病院松濤を開設(医療療養型病棟)
平成28年6月 セントラル病院分院を医療療養病棟へ転換
平成30年1月 セントラル病院の一部を医療療養病棟へ転換
令和2年 訪問診療開設
令和4年7月 セントラル病院分院を東京都高齢者等医療支援型施設(渋谷)に転換
令和5年7月 セントラル病院の一部を介護療養病棟から障害者施設等一般病棟へ転換
令和6年4月 セントラル病院介護医療院 開設