訪問診療のご案内

image

ごあいさつ

セントラル病院は、昭和39年10月に渋谷区松濤に開院した病院です
当院は開院以来50年以上高齢者の介護、医療を専門に取り組んでまいりました。
そのノウハウを活かして、令和2年9月に「在宅総合センター」を立ち上げました。

在宅での介護はご苦労も多く、大変だと思いますが、患者様やご家族様のお力になれるよう、また「先生にみてもらってよかった」と思われる病院になれるよう、日々努力して参ります。お困りの時はどうぞお気軽にご相談ください。

行き届いた「医療」「看護」を

医療と介護を地域ごとに融合させて、高齢者が住み慣れた地域で自分らしく人生を全うすることが出来る社会を作る「地域包括ケアシステム」を重点目標として、地域の皆様に優しく、質の高く安心・安全な訪問診療の提供をいたします。

安心の在宅医療の提案

訪問診療は、医師や看護師が在宅先を定期的に訪問して診療を行います。通院の為の交通移動や病院での順番待ち時間など身体的負担を軽減でき、自宅や施設に居ながら保険診療適応の治療が受けられます。内科だけでなく皮膚科(褥瘡・湿疹など)、形成外科(巻き爪など)の往診も承ります。

訪問診療と3つのサービス

①月1回以上の訪問診療で持病の診療と処方。24時間対応なので緊急時も安心。
②カルテがあるので入院(ショートステイ)もスムーズ。
③自宅で最期を迎える看取りにも対応。

Q 訪問診療は往診と違うの?

「訪問診療」は、医師が継続的に自宅を訪問して行う計画診療です。
訪問日以外や急に具合が悪くなった時など患者の要請により自宅を訪問して臨時診療することを「往診」と言います。

Q 訪問診療の費用はどのくらい?

1カ月に2回の訪問診療で約8,000円(1割負担の方)
採血や心電図など検査を実施した場合は別途に費用がかかります。

Q 訪問診療で行うことは?

診察と治療、療養相談、薬の処方、必要があれば点滴や検査なども行います。
褥瘡処置、経管栄養、中心静脈栄養、酸素療法の管理等の医療措置も行います。
入院治療が必要となった場合には、ご家族と相談の上、入院の調整も行います。

当院の診療について

定期訪問に加え、緊急時には24時間体制で対応し、必要に応じて臨時往診や2次救急病院と連携し入院の受け入れを行います。

訪問診療の目的は、病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡などの予防、栄養状態の管理など、予測されるリスクを回避し、入院が必要な事態を未然に防ぐのも重要な役割です。

当院は、地域の病院や介護事業者の方々と連携・協力しながら、患者様が在宅で安心して療養生活を続けられるよう、在宅患者様と介護されるご家族様を、総合的にサポートいたします。

訪問診療の費用内容について

患者様が一部ご負担いただく診療報酬は法令で定められています。主に「在宅患者訪問診療料」「在宅時医学総合管理料」「各種指導・管理料等」「居宅療養管理指導費」が基本となり、病状や状況により「往診料、緊急加算等加算」「初診料・再診料」「検査料」「薬剤料(注射・点滴など)」が追加されます。

診療対応エリア

当院を中心に約3㎞圏内の渋谷区・港区・目黒区・世田谷区。

お支払いについて

お支払いは口座振替になります。請求書は診療を行った翌月15日前後に郵送されます。料金は翌月末に指定口座より引き落としされます。

事前に「口座振替・自動払込のしおり」をお渡ししますので「預金口座振替依頼書・自動振込利用申込書」の記入と手続きをお願いします。

ご不明な点がありましたらTEL:03-3467-5131医事課担当までご連絡ください。

申し込み・お問合せ

ケアマネージャーや、施設の方にご依頼いただくか、病院に直接お電話ください。

ご契約の際に必要な物

  • 初診申込書(事前にお渡しします)
  • 健康保険証(生保の方は区役所への連絡)
  • 介護保険証および負担割合証
  • 医療助成など公費書類(ある方のみ)
  • 患者様の情報および情報提供書
  • 銀行通帳+銀行印(口座振込依頼書用)
  • 認め印

サービスの内容

  • 緊急時の往診(24時間対応)および訪問診療
  • ターミナルケアおよび緩和ケア
  • 看取り
  • 認知症高齢者の日常生活自立支援
  • 糖尿病疾患などの自己注射指導管理
  • 経管栄養指導管理
  • 中心静脈栄養指導管理
  • 在宅酸素療法指導管理
  • 尿道カテーテル管理
  • 褥瘡の管理
  • 悪性腫瘍の指導管理
  • 予防接種(肺炎球菌・インフルエンザ)
  • 薬局との連携による薬の配達と服薬指導
    (薬剤師による訪問指導には患者様の同意書が必要)
診療受付時間
Get Adobe Acrobat Reader

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない場合は、ロゴをクリックしてダウンロードサイトから入手してください。

PAGETOP